水 必要摂取量

水の必要摂取量と摂取方法

人体は成人男性では2/3程度が水で占められています。
女性の場合は体脂肪が多い分、水の割合は少なくなります。
一般的に人体の水の割合は、新生児・幼児は70%〜80%、成人は55%〜70%、老人は50%〜55%程度です。

 

汗や尿で失われた水分を補給するために、日常生活をしているだけでも1日に2リットル程度の水が必要です。
水分の半分は食事から摂取できるので、飲料水からは1リットル程度の摂取で十分です。

 

のどが渇くと感じる時には、すでに脱水症状になりかけている状態です。
この時点で水分を補給しても、すでに失われている水分の2/3程度しか補給できないというデータがあります。
水分は体内に蓄えることができないので数回に分けて、こまめに補給する必要があります。

 

汗は99%が水で、1%はナトリウムと電解質などの物質です。
市販のスポーツドリンクは塩分や糖分が多すぎるので胃に停留する時間が長くなり内臓に負担をかけてしまい水分補給としての水分には適していません。
ナトリウムや電解質を上手に補給するにはミネラルウォーターが適しています。

 

1日に必要な水の量は年齢によって異なります。
年を取るほど体内に蓄積できる水の量は減少するので積極的に水分を補給するように心がけましょう。

 

おいしい水を配達してもらえて、オプションでウォーターサーバーをレンタルできる
サービスもあるので、利用して健康維持に役立てましょう。