市販の水

市販されている水の見分け方

1990年に農林水産省公示のミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインによると日本のミネラルウォーター類は4種類に分類されています。

 

○ナチュラルウォーター
特定水源より採水された地下水で、ろ過、沈殿及び加熱殺菌処理が施されている水です。

 

○ナチュラルミネラルウォーター
特定水源より採水された地下水のうち、地下にある間に無機塩(ミネラル)類が溶解したもので、鉱水、鉱泉水などがナチュラルミネラルウォーターに当たります。
ろ過、沈殿及び加熱殺菌処理が施されている水です。

 

○ミネラルウォーター
特定水源より採水された地下水のうち、地下にある間に無機塩(ミネラル)類が溶解したものです。
複数の原水の混合、ミネラル分の調整、紫外線殺菌、オゾン殺菌などが行われています。
鉱水、鉱泉水などがミネラルウォーターに当たります。
ろ過、沈殿及び加熱殺菌処理が施されている水です。

 

○ボトルドウォーター
飲用に適した水(純水、蒸留水、河川の表流水、水道水など)で安全性が確保されていれば処理方法の限定はない水です。

 

日本産のミネラルウォーターならば市販のペットボトルに記載してある品名をみるとミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインによる4種類の分類表示がされています。
購入時に確認してみましょう。

 

また、ボトルに詰められた水を配達してもらえるサービスもあるのでおいしい水を飲みたい人は利用してみましょう。