ウォーターサーバー 種類

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーは、機能によって大きく2種類に分けられます。
一般的なのが天然水やミネラルウォーターをウォーターサーバーに専用のボトルを設置して使用するタイプです。
天然水やミネラルウォーターを注文でき配達してもらえるサービスがついているので、おいしい水を日常的に飲みたい人に向いているサービスです。

 

主に、オフィスや病院、スーパー、一般家庭で利用されています。

 

もうひとつは、ろ過装置が内蔵されているタイプです。
ろ過装置内蔵型のウォーターサーバーは水道水をろ過装置で浄水して利用することができます。
必要なコストは、基本的にウォーターサーバーの導入と維持費用のみで済みます。

 

水のおいしさや、ミネラルなどの栄養成分にこだわらないのならばミネラルウォーターや天然水に比べるとコスト面ではお得です。
ろ過装置内蔵型のウォーターサーバーはろ過フィルターなどのメンテナンスが大変であるという短所があります。

 

業務用で利用される場合が多く、一般家庭ではほとんど利用されていません。
水道水を利用して、きれいな水を確保できるメリットはあるのでコストをかけずに、衛生的な水道水を飲みたいという人は導入してみると良いと思います。

 

ウォーターサーバーに取り付ける水の配達の容器にはガロンボトルとフィルムパックあります。
最近ではフィルムパックが普及し、空気に触れることが少ない衛生的で最新のタイプの人気の容器です。