水道水

水道水について

私たちが日常生活の中で、台所から流す廃棄物などの生活排水などによって地下水がどんどん汚染されています。

 

蛇口をひねるだけで水が出てくる水道水は生活には欠かせない水です。
水道水は、飲料水としての基準を満たし、有害物質を取り除くための塩素を投入し消毒、ろ過しています。
適度の量の塩素投入なら問題ありませんが多量の塩素は体にとって良いものではありません。

 

塩素は発がん性物質であるトリハロメタンの発生原因となります。
水道水から有害物質を取り除くために塩素を投入していますが塩素自体は人間の体に悪影響を及ぼす物質なので毎日の飲料水として摂取するのに適している水とは言えないものです。

 

また、冷水や熱湯は雑菌が繁殖しにくいですが常温の水は雑菌が繁殖しやすいです。
汲み置きの水道水などは、早めに使うか、冷蔵庫に入れて保管しなければなりません。

 

何時間も水を放置しておく場合は、沸騰させて塩素を飛ばして殺菌する方法がありますが、水を沸騰させてしまうと塩素だけでなく炭酸ガスも除去されてしまうのでおいしくない水になってしまいます。
水道水は、安全面から塩素を使用するのは仕方ない事ですが塩素は水道水をまずい水にさせています。

 

おいしくて、安全な水を飲みたいと思うならば水の配達を利用することをおススメします。
水の配達サービスは、専用のウォーターサーバーを無料または、低価格でレンタルできるオプションがついています。