ウォーターサーバー

ウォーターサーバーについて

水の配達サービスのオプションとして利用することができるウォーターサーバーに取り付けられるボトルはガロンボトルとフィルムパックなどがあります。
今までは、ガロンボトルが一般的でしたが、ミネラルウォーターを使い切るまで空気侵入を防ぐことができて、衛生的で画期的な設計のフィルムパックも登場してきました。
小さくたためて、回収してもらう必要がなく不燃ごみとして処分したり、サイクルが可能な便利な容器です。

 

ウォーターサーバーは大きな水のボトルを逆さに差し込むと冷水や温水が出てきて、常時新鮮な水を飲むことができる機器です。
病院や公共機関、オフィスやスーパーなどの店舗、最近では、一般家庭でも設置され、利用されるようになりました。

 

日本において、ウォーターサーバーのサービスはサーバーと水の配達がセットになっているのが一般的です。
ウォーターサーバーをレンタルした上で水の注文をします。
水の配達は送料無料な業者が多いです。

 

水の価格は市販のペットボトルの水より若干高い場合が多いですがウォーターサーバーを使えば、新鮮な冷たい水と熱いお湯をいつでも飲むことができるので、とても便利です。
電気代も月1,000円程度で済みます。

 

水の配達とウォーターサーバーを長期的に利用すればスーパーやコンビニで買うよりもコストの節約ができ、重たいペットボトルを運ぶ手間を省くことができます。
上手に水の配達を利用しましょう。